患者を診る医者と薬を飲む男性
  • ホーム
  • 性病はオロナインでは治らないので通院治療を

性病はオロナインでは治らないので通院治療を

男性に説明している医者

性病に感染をすると皮膚がただれてしまったり発疹が出るといったものがありますが、これらの症状はオロナインを塗って治るようなものではありません。
毛じらみのように市販薬で治すことができる性病もありますが、多くの場合は市販薬では治すことができずに通院をして治療をする必要があります。

性病の場合、通院をするのが恥ずかしいという人もいることでしょうが、自然治癒をするものではないだけに異常があらわれているのであれば病院で検査を受けることが重要となります。
放置をして症状が悪化しても行けませんし、他の人にうつすおそれもあるだけにそのままにしておくということだけはやめるようにしましょう。

性病といっても早い段階であれば特に心配をする必要はなく、治療薬を飲むだけで治すことができるものが大半であるため、早めに診察をうけることが大切です。
通院治療をすると言っても基本的には薬を飲むだけで済みますから、最初に診察を受け病名を診断してもらいそれに対応する治療薬を処方してもらいます。
薬を飲みきった後には再度診察を受け、病気が完治しているのかを確認して完治しているのであれば治療は終わり、完治していないようであれば治療を継続するということになるので何度も通院をすることはなく、多くの場合二度の通院で終わることになります。
逆に放置をして悪化してからでは治りも遅くなってしまい、何回も病院に行かなければならなくなってしまうということもあるだけに、早めの治療が大切です。

自力で治そうとすればただ症状を進行させてしまうだけとなってしまうので、性病だと思った時には恥ずかしいと思っていないで、できるだけ早い段階でまずは医療機関で診察をうけるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ